化学療法の領域 30-1 2014.1 特集:細菌の進化から考える抗菌薬耐性

化学療法の領域 細菌の進化から考える抗菌薬耐性

Add: etovi38 - Date: 2020-12-07 20:11:13 - Views: 1468 - Clicks: 7331

医学のあゆみ 243巻2号 小児腸内細菌叢と病態形成, 70頁, b5判,年10月発行. 歯科で使用する抗菌薬作用機序、体内動態、pk-pd 年; 第2章. 特集 プラスミドによる薬剤耐性の菌種間伝播と施設内感染-そのサーベイランス・感染管理の在り方-,3.グラム陰性菌におけるプラスミド媒介性の薬剤耐性の特長「1) -ラクタム系薬耐性」 化学療法の領域,31(7):Author:長野則之,長野由紀子. 技術動向や技術応用等を当該分野および境界領域の研究者、技術者に広く流布することを目的として、実用的な知識、技術紹介、製品紹介等の記事を掲載したもの。一般向けの科学技術理解増進のための啓蒙的記事を掲載したものや業界ニュース誌を含む。 その他 1.

年4月) pp. 所属 (過去の研究課題情報に基づく):千葉大学,薬学研究科,教授, 研究分野:細菌学(含真菌学),生物系,細菌学(含真菌学),細菌学,生物系薬学, キーワード:病原性,サルモネラ,マクロファージ,ClpXP,エフェクター,Lon,DnaK,アポトーシス,宿主応答,細菌病原性, 研究課題数:20, 研究成果数:344. カルバペネム耐性腸内細菌科細菌(carbapenem-resistant Enterobacteriaceae:CRE)は,年から5類感染症として全数報告の対象となった感染症で,院内感染の起因菌となる場合があり,注目されています。. 1 具 芳明・大曲貴夫 総説「海外における薬剤耐性と抗菌薬使用の現状」より) 「途上国では処方箋なしで抗菌薬が買える。途上国での抗菌薬の服用は耐性菌を持ち帰ることにつながりかねない」 感染症専門医。. 12) 化学療法の領域 次号(年1月号)おもな内容 特集「成人肺炎診療ガイドライン-残された課題と研究的視点を含めて-」 序 大分大学医学部呼吸器・感染症内科学講座教授 門田 淳一 1.成人肺炎診療. 特集1 「特定行為に係る看護師の研修制度」始まる 特集2 年「病院における看護職員需給状況調査」 : 6: 22: 看護技術: 61: 8: がん患者の家族ケア: : 6: 22: 臨床外科: 70: 7: Neoadjuvant therapy の最新の動向: : 6: 22: 臨床泌尿器科: 69: 8: 抗菌薬の選択と上手な.

生物学・生命科学・基礎医学/農学・食品科学 医学・保健衛生系 1. (/1/20) 抗菌薬が進化しても気管支拡張症は依然、予後不良。患者のマネジメントとエビデンス。(/1/20) 2014.1 抗菌薬や食物によるアナフィラキシーの予防と出現時の対処法。ガイドラインのエッセンス。(/1/16) 細菌性髄膜炎の薬物治療。. 発熱の原因がわからないときの抗菌薬投与の考え方 年; 第一選択薬に過敏症歴あり!.

年7月25日) 医薬ジャーナル社 第8位 序 -生物学的製剤の現状と課題- 山本一彦 化学療法の領域 30巻 11号 pp. J-STAGEで公開されている資料の種別は、大きく分けて次のとおりです。 ジャーナル 1. (/1/27) IgG4関連硬化性胆管炎の診断基準をもとに、疾患概念、鑑別疾患と、最新の治療法を提示。(/1/20) 貧血の原因を、小球性、正球性、大球性貧血に分け、各々の原因となる疾患を列挙し解説する。(/1/13).

第7位 1.神経感染症の特徴 -病歴・症候と検査- 大石実,亀井聡 化学療法の領域 30巻 8号 pp. 化学放射線療法の化学療法に対する優位性は認められなかった。(/1/15) 変形性膝関節症に対する膝関節単顆置換術の術式をカラー写真でわかりやすく解説。(/1/15) 潰瘍性大腸炎の治療は大きく寛解導入と寛解維持に分けられる。. 感染症の伝染性を発見したのは、イスラーム世界を代表する医学者でサーマーン朝出身のイブン・スィーナーであった。 「医学典範(āb al-Qānūn fī al-ṭibb、The Canon of Medicine)」(1020年)において隔離が感染症の拡大を止めること、体液が何らかの天然物によって汚染されることで感染性を獲得. 抗菌薬を使いこなすための基本と実践 8. G-CSFの2番目の適応である2次予防投与はどのように定められているのだろうか。ガイドラインによると、抗がん薬治療において前コースでFNが生じた場合などに、次のコースで予防的に投与することを2次予防と呼ぶ。FNが発症した場合、原則は次コースの薬剤投与量を減少させたり投与スケジュールを検討したりすることだが、早期乳がんなどでは抗がん薬の減量やスケジュール変更は治癒率を考えたときに望ましくなく、そのようなケースで2次予防投与が考慮される。 「私は、通常の乳がんレジメンの場合、感染すると危険な特別な患者さん以外では、1次予防投与でなく、2次予防投与で対処できると思います。乳がん患者さんの場合、状態のよい人ならFNが起きても重症化することはまずありませんが、2次予防投与で、より安全に予定通りのレジメンで治療できます」と上野さんは解説を加えた。 3番目の治療目的での投与はガイドラインでは「推奨されない」とされている。. STM2614 was injected into macrophage cytoplasm and activated caspase-8 which 特集:細菌の進化から考える抗菌薬耐性 has two opposing. 9%と報告されていました。ところが、ジーラスタの認可を得るため日本で同じレジメンでFN発症率を厳密に調べると69%に発現していることがわかりました。ここまで報告に差があることもあり、発症率といっても、どの報告から引用したかまでチェックする必要があります。 このように報告により幅はありますが、レジメンごとに大体何%くらいのFNリスクがあるかというデータがあります。乳がん治療では稀ですが、FNが原因で敗血症のため治療死することもあり得ます。FNリスクが20%以上ある薬なら予防的に使ったほうがいいという解釈です」 *タキソテール=一般名ドセタキセル *エンドキサン=一般名シクロホスファミド.

周産期医学 14年増刊号 (年12月25日発売)は、税込み9900円 3000円以上で全国送料無料!。今なら初回500円割引やレビュー500円割引もあります!. 5度以上で、好中球数(ANC)が血液1μℓ(マイクロリットル)あたり500未満、または1,000未満で48時間以内に500未満を予測できる状態」と定義されている。 そして、ジーラスタの資料には「1次予防投与とは、抗がん薬治療の1コース目からFNを予防する目的で好中球減少や発熱を確認することなく投与すること」と記されている。つまり、FNを起こすかどうかわからない患者さんに投与するということなので、その適応をどのように決めるかが「線引き」ということになる。診療ガイドラインでは次のように定めている(図3)。 推奨グレードA:FN発症率が20%以上のレジメンを使用する時 推奨グレードB:FN 発症率が10~20%のレジメンを使用する時、FN発症または重症化のリスクが高いと考えられる因子を持つ患者では考慮 推奨グレードD:FN発症率が10%未満のレジメンを使用する時には推奨されない 「問題となるのはFN発症率の値が報告者によって、かなり異なることがあることです。一般的にはそのレジメンが認可されることになった代表的なフェーズ3試験の値を参考にしますが、厳密に調べるほど、当然FN発症率は上がってきます。現在日本でもよく行われているTC(*タキソテール+*エンドキサン)というレジメンがありますが、このレジメンの有意性を証明した USoncologyという試験ではFN発症率は4. Here, we characterized two candidates of novel effector, STM2614 and STM1239 and revealed their functions on Salmonella infection. 2(1), :23-34,. 抗菌薬投与による偽膜性大腸菌大腸炎から敗血症性 ショックを起こした下顎: 日本口腔科学会雑誌 56(1) 糖尿病の予防と運動: 日本口腔診断学会雑誌 19(2) 悪性腫瘍の下顎骨浸潤評価:各種画像診断と: 日本矯正歯科学会雑誌 63. 化学療法の領域(年1月号) - 感染症と化学療法の専門誌 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!.

作用機序・耐性機構 1. 学協会、大学、企業等が開催する研究集会、シンポジウム、セミナー等の発表概要をまとめたもの。 研究報告・技術報告 1. 抗癌薬に対する耐性の存在は悪性腫瘍の化学療法にとって重要な問題である.抗癌薬耐性悪性腫瘍の耐性メカニズムを解明し,克服してゆくことが癌化学療法の有効性を高める為に求められている.抗癌薬耐性のメカニズムとしては,大きく“薬剤に対する. 数学/物理学/化学/地球科学・天文学 ライフ系 1. 尿路感染症の抗菌薬治療。抗菌薬だけで治らない場合の対処。(/5/24) 前立腺がんの根治に不可欠なホルモン療法。歴史から見えてくる今後の課題。(/5/1) 先天性水腎症の外科治療を振り返る。腎盂尿管移行部の通過障害に着目してレビュー。(/5. Affiliation (based on the past Project Information):千葉大学,薬学研究科,教授, Research Field:Bacteriology (including Mycology),Biological Sciences,Bacteriology (including mycology),Bacteriology (including Mycology),細菌学, Keywords:病原性,サルモネラ,マクロファージ,ClpXP,エフェクター,Lon,DnaK,アポトーシス,宿主応答,細菌病原性, of Research. (/1/27) 抗がん剤治療後における発熱性好中球減少症(fn)への対策法。 masccスコアを用いてリスクを評価し、リスクに応じた抗菌薬の投与が推奨される。(/1/24) 下垂体病変に対して行う、経鼻内視鏡手術。.

See full list on gansupport. サルモネラ感染分子機構解明を目的として、我々が開発したin silicoインタラクトーム解析で見出したエフェクターのうち、宿主の自然免疫応答を撹乱する2つについて、病原戦略上の機能を解明した。STM2614の標的分子としてLSm8を同定した。STM2614は、Caspase-8の活性化制御を介して感染宿主細胞の. mugendai 日本語で科学を学び、考えることができる幸せーーノーベル化学賞の白川英樹博士が語る先人たちへの感謝 近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す ――米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発した驚きの治療とは 【続報】「がん.

Medical Technology 42巻7号 細胞診の精度向上を目指して -直接塗抹法・LBC法の基本と要点を整理する-, 100頁, B5判,年7月発行. 上野さんはG-CSFの投与時期について説明する。 「G-CSFは、1次予防、2次予防、治療的投与という3つの使い方があります。日本ではこれまで、FNが発症したときに治療的に使用することがほとんどでした。発熱があっても、抗菌薬の投与だけで十分なことも多いのですが、患者さんのリスクが高かったり、全身状態(PS)が悪い場合などに使用を考慮する、という使用法でした。予防的な投与が少なかったのは、従来品のグランは、毎日病院に来て注射を受け続けなければならないことが非現実的だったことも大きな理由です。1回の注射で済む持続性のあるジーラスタが発売されたので、予防的投与がこれから可能になったといえます」 一方で、上野さんは警鐘も鳴らす。 「予防というのはとても魅力的なのですが、高価な薬剤(10万6,660円)なので過剰使用すると患者さんの負担はもちろん、国としての医療費が増大してしまいます。線引きが大切です」. 年10月25日) 医薬ジャーナル社. Medical Technology 41巻12号 年感染症の流行と新展開, 100頁, B5判,年12月発行.

次世代型抗感染症薬 / エフェクター / 薬剤耐性 / 病原性 / e3リガーゼ 研究概要 薬剤耐性を克服した次世代型抗感染症薬の創成が強く望まれているが、薬剤耐性を克服できる理想的な抗感染症薬は菌を殺さずにその病原力のみを阻害する薬剤である。. 臨床と微生物 40巻3号 (年5月25日発行) 【耐性菌Up Date -疫学・耐性メカニズムから臨床症例まで】 医薬ジャーナル社 化学療法の領域 30巻 1号. 30(1), :4-10,. 化学療法の領域 巻 : 30 ページ : 44-54 雑誌論文 化学療法の領域 30-1 2014.1 特集:細菌の進化から考える抗菌薬耐性 サルモネラ感染症の発症メカニズム. 一般医学・社会医学・看護学/臨床医学/歯学/薬学 工学系 1. 年2月) pp.

To dissect the molecular mechanism of Salmonella infection, we previously established the accurate prediction system for screening effectors on a genome-wide scale. J-STAGEは、①記事への無料アクセス ②改変や再配布等の二次利用を認める範囲の明記 からなる「オープンアクセス」を推進しています。J-STAGEで公開されている9割以上の記事は、無料で記事を閲覧できます。また、CCライセンスを表示している記事は、そのライセンス条件下において二次利用が可能です。 CCライセンスに関する詳細は、CCライセンスの提供元であるクリエイティブ・コモンズのWebサイト (外部サイト) をご覧ください。. 一般工学・総合工学/ナノ・材料科学/建築学・土木工学/機械工学/電気電子工学 学際科学系 1. (特別講演)矢野寿一:耳鼻咽喉科領域感染症でみられる耐性菌の現状と問題点、第42回和歌山感染症化学療法研究会、和歌山、年1月25日 矢野寿一 、遠藤史郎、小川美保、霜島正浩、賀来満夫:本邦における Stenotrophomonas maltophilia のSm qnr に関する検討. 「科学技術情報発信・流通総合システム」(J-STAGE)は、国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST) が運営する電子ジャーナルプラットフォームです。J-STAGEは、日本から発表される科学技術(人文科学・社会科学を含む)情報の迅速な流通と国際情報発信力の強化、オープンアクセスの推進を目指し、学協会や研究機関等における科学技術刊行物の発行を支援しています。 現在J-STAGEでは、国内の1,500を超える発行機関が、3,000誌以上のジャーナルや会議録等の刊行物を、低コストかつスピーディーに公開しています。 J-STAGEで公開されている記事のほとんど*は、PCやタブレット、スマートフォンを利用して、世界中から誰もが閲覧できます。無料のアカウントサービス「My J-STAGE」に登録すると、よく使う検索条件を保存したり、お気に入りの資料について最新号発行の通知を受け取ったりすることができます。 *認証付き記事(各発行機関から許可を受けたユーザーのみが閲覧できる記事)を除く.

第1章抗菌薬・抗ウイルス薬 16. 特集 細菌の進化から考える抗菌薬耐性 5. 研究基盤情報として研究成果、技術開発成果を研究者、技術者向けに広く流布させることを目的として刊行される、原著論文を主たる記事としている雑誌。 会議論文・要旨集 1. 化学療法では、がん細胞だけではなく、細胞分裂が活発な骨髄や内臓粘膜など正常な細胞も攻撃されてしまう。その結果、副作用が生じるのだが、血液中の好中球の減少もその1つ。 好中球とは、白血球の45~70%ほどを占め、急性細菌感染症や真菌感染症から体を守る役割がある。この体を守る好中球が減ってしまうと、感染症のリスクが急激に高まる。中でも、発熱を伴う状態を発熱性好中球減少症(FN)といい、最悪の場合、死亡に至るケースもある。とくに表1のような患者さんはリスクが高い。 そのFNのリスクを低減させる新しい持続型G-CSF製剤「*ジーラスタ」が日本で年11月に発売開始された。適応は乳がんだけでなく、消化器がんや泌尿器がんなどまで幅広い。 G-CSF製剤とは、遺伝子組み換え技術によって生産されるタンパク質製剤で、好中球の分化増殖を促進する。好中球が減っている状況を回復させるというわけだ。抗がん薬とともに支持療法薬として投与される。 FNリスクを減らすことで抗がん薬の投与量や投与スケジュールの調整が可能になり、より効果的ながん治療につながるとされる。G-CSF製剤としてはこれまで*グランがあったが、それが進化した薬だ。 ジーラスタはG-CSFの1つであるフィルグラスチムに水溶性高分子のポリエチレングリコールを結合(PEG化)させたもの。PEG化したタンパク質は体内での分解が抑制されたり体外への排泄が減少したりするので、より長時間血液中に残存させることができ、作用時間の延長につなげられる。 乳がんの治療に詳しい板橋中央総合病院外科の上野貴史さんは、「米国では年に認可され、欧米ではずっと使われてきました。ようやく日本でも認可されたという感じです」と述べる。 従来品のグランは連日の皮下注射が必要だが、ジーラスタは抗がん薬投与終了の24時間以降に1回の皮下注射でグランを1週間程度連日投与したのと同等の効果があるとされている。PEG化されているため、体内で長く効くからだ。 *ジーラスタ=一般名ペグフィルグラスチム(遺伝子組換え)注射液 *グラン=一般名フィルグラスチム. 化学療法の領域 Volume : 30 Pages : 44-54 Journal Article サルモネラ感染症の発症メカニズム. See full list on research. 抗菌薬投与後の下痢症の原因菌として重要なClostridium difficileと、高齢者施設で問題となる疥癬について解説した。 年07月08日 臨床と微生物 42巻4号(年7月25日発行) 【β-ラクタマーゼから考える細菌の進化】. 特定の機関の研究、技術開発、調査の中間成果、活動成果を研究者、技術者向けに広く流布させることを目的として刊行される雑誌、報告書等。 解説誌・一般情報誌 1.

所属 (現在):大阪大学,歯学研究科,教授, 研究分野:形態系基礎歯科学,形態系基礎歯科学,社会系歯学,生物系,中区分57:口腔科学およびその関連分野, キーワード:レンサ球菌,A群レンサ球菌,線毛,Porphyromonas gingivalis,ワクチン,細菌,Streptococcus pyogenes,粘膜免疫,感染症,fimbriae, 研究課題数:48, 研究成果. 照屋 勝治, 今村 顕史, 鯉渕 智彦, 渡邊 大. 情報科学/環境学/学際科学 人文・社会科学系 1.

特殊病態下でみられる抗酸菌感染症 1) hiv感染患者. 化学療法の領域 年12月号(Vol. See full list on jstage. 自然科学から人文・社会科学、さらに学際領域といった幅広い分野の資料を公開しています。 基礎科学系 30-1 1. 上野さんは、適応の慎重さを強調しながら、予防的投与が本来の治療にも好影響を与えると指摘する。 「がんを治療するにあたっての強いレジメンを使うことが可能になります。まず、米国では標準治療の1つとして確立しているドーズ・デンス療法です。これは抗がん薬の投与期間を狭める(例えば3週間から2週間)ことで、がん細胞に薬に対する耐性ができる前に、一気に叩くという方法です。 また、TAC療法(タキソテール+*アドリアシン+エンドキサン)はFN発症リスクが40%もあってこれまで使いにくかったのですが、ハイリスクで適応のある患者さんには、選択できるようになるだろうと思われます。これらのレジメンは臨床試験で、通常のレジメンより好成績が報告されています」 治療効果を期待しての投与に関しては、ガイドラインでも触れられており、「化学療法の強度を増強する目的での1次予防的投与」について、次のように記載している。 推奨グレードA:G-CSFの併用を前提に治療強度を増強したレジメンで、生存期間の延長が示されている場合に推奨 推奨グレードB:治癒もしくは生存期間の延長を目的とする化学療法において治療強度が低下すると予後が不良になることが示されている場合に推奨 推奨グレードC2:症状緩和を目的とする化学療法では推奨されない *アドリアシン=一般名塩酸ドキソルビシン. 特集 細菌の進化から考える抗菌薬耐性 6.

化学療法の領域 30-1 2014.1 特集:細菌の進化から考える抗菌薬耐性

email: ynoweb@gmail.com - phone:(992) 337-7868 x 9659

星のない夜、太陽のない明日 - トクミツセイオー - 医者も知らない自然なホルモン ブラウンスタイン

-> 国際学院高校 過去問題集1 平成27年 - カーサ・フェミニナ教育研究所
-> 決算・税務申告対策の手引 令和2年3月期決算法人対応 - 太田達也

化学療法の領域 30-1 2014.1 特集:細菌の進化から考える抗菌薬耐性 - 松井章圭 極真新たなる歩み


Sitemap 1

環境革命時代の建築 - 尾島俊雄 - 北朝鮮近現代史 木宮正史 ナショナリズムから見た韓国 東アジアの近現代史